このページはロシアに関する催し物情報等を掲載します。
皆様の情報をコメントやおたよりをお待ちしています。


以下は既に終了したイベント等です
 

ロマノフ王朝展―日本人の見たロシア、ロシア人の見た日本
開催期間:2017年1月7日(土)〜4月9日(日)
開催場所:東洋文庫ミュージアム(東京都文京区本駒込2-28-21) アクセス
詳細は東洋文庫ミュージアム・ホームページをご覧ください。
 

壬生寺での障壁画の特別公開
開催期間:2017年1月7日(土)〜3月18日(土)(1/30(月)〜2/5(日)は拝観休止) 
あだち幸さん(R大13の足立勝さんの奥様)も壬生寺に障壁画を奉納されています。
詳細は京都市観光協会ホームページをご覧ください。  

日本トルストイ協会 第17回「トルストイを語る会」
開催日時:2017年3月11日(土)14:00開会 13:30受付開始
開催場所:昭和女子大学・学園本部館3階中会議室 アクセス
講師:加賀乙彦氏(作家)予定80分
加賀さんは、作家として意欲的な執筆活動を続けておられ、昨年2月には、加賀さんが編者となった集英社文庫ヘリテージシリーズ『トルストイ』が出版されています。 「愛読者の一人としてトルストイをどのように読んできたか」、「自分の文学の中にトルストイからどんな影響を受けてきたか」といった興味深いお話が中心テーマとなりそうです。
会員以外も参加できます。事前の参加申込が必要です。
詳細や参加費・参加申込は日本トルストイ協会ホームページ または、チラシ(主に非会員向け)をご覧ください。
 

映画「РЕМИНИСЦЕНЦИЯ(レミニセンティア)(記憶の万華鏡)」(ロシア語)

日本人映画監督が制作したロシア語SF映画

上映日時:2月4日〜2月10日10:00〜/20:45〜
       2月11日〜2月17日15:35〜
上映場所:大阪・第七藝術劇場 アクセス
 (大阪市淀川区十三本町1-7-27サンポードシティ6F) 

●ロサンゼルスシネマフェスティバル オブ ハリウッドで主演男優賞、監督賞、長編作品賞など主要部門を受賞
●第二回 新人監督映画祭 長編グランプリ受賞

作品紹介
レミニセンティア=記憶の万華鏡
記憶をテーマに日本人監督がロシアに渡り、ロシアSF映画を作り上げた。
忘れたい記憶と取り戻したい記憶、果たして記憶に翻弄される人間の存在とは何なのか? 今作は哲学的なテーマを持ちつつも、エンターテイメント作品に仕上がっている。
この作品はなんと自主映画、監督自ら脚本、撮影、編集を兼ね、日本の自主制作映画の限界にも挑んだ。
日本映画に分類され、日本映画史上初めてのロシアSFということで注目を浴びている。
監督の井上雅貴は、アレクサンドル・ソクーロフ監督の映画「太陽」のメイキング監督を務め、その時ロシアの映画撮影を学んだ。
撮影場所はモスクワからさらに300km離れた古都ヤロスラブリ。
娘以外の役者達は、実際にこの街に住む役者達。ヤロスラブリ劇場に所属し、ソ連時代から演技を学ぶ本格的な役者達がこの映画のテーマを感じ取り出演してくれた。
映画に出てくる不思議な建物の一つは、宇宙記念館、世界初の女性宇宙飛行士、ワレンチナ*テレシコワの記念館である。日本の映画では初めて撮影に使用された。
出演: アレクサンダー・ツィルコフ、井上美麗奈、ユリア・アサードバ、イリーナ・ツィルコバ他
脚本・監督:井上雅貴
詳細はレミニセンティア公式ホームページをご覧ください。
 

ロマノフ王朝展―ミュージアム講演会
   (ロマノフ王朝展―日本人の見たロシア、ロシア人の見た日本)
内  容:「ロマノフ王朝時代の日露交流」 生田美智子(外大OB、大阪大学名誉教授)
     「トルストイに初めて会った日本人、小西増太郎」 有宗昌子(大阪大学非常勤講師)
     事前申し込みが必要
開催日時:2017年2月5日(土)14:00〜
開催場所:東洋文庫ミュージアム(東京都文京区本駒込2-28-21) アクセス
お申込や詳細は東洋文庫ミュージアム・ミュージアム講座のページをご覧ください。
 

ユーラシア文化サロン「阪神間モダニズムと白系ロシア人」
講師:木寺律子氏(外大OB、同志社大学嘱託講師)
2017年1月21日(土)14:00〜16:00  (日本ユーラシア協会大阪府連 ロシア語教室)
申込・受講料など詳細は日本ユーラシア協会大阪府連ホームページをご覧ください。

シンポジウム日露関係とエネルギー安全保障
主催:立教大学経済研究所 後援:ユーラシア研究所
2017年1月14日(土)16:30〜18:40  (立教大学池袋キャンパス 11号館A203教室)
詳細はユーラシア研究所関連セミナー・シンポジウムページをご覧ください。
 

山之内重美〜ロシア浪漫〜
山之内重美(ヤーマチカ:外大OB) ピアノ:篠原志寿子
料金:3500円
日時:1月12日(木)18:00Open 19:00Start
会場:ライブスペース奇聞屋(杉並区西荻南 3-8-8-B1 Tel03-3332-7724)
 

第1回「咲耶茶論」(さくや さろん)(咲耶会主催)
12月03日14時〜
会場:大阪大学豊中キャンパス(大学会館2階、国際ラウンジ)(会場へのアクセス

お話:元NHKアナウンサー 中林速雄さん(ロシア語学科大R7・1959年卒)
話題:日本語あれこれ
 
ぜひ立ち寄ってください。
無料、飲み物サービス付きです。
 
「咲耶茶論」は、毎回同窓生の中から話題を提供してくださる方をお招きし、
時にはちょっと知的な、また時にはup-to-dateな、肩の凝らない話題で
お話を聴き、話して楽しむ小さなサロン。
 

旧交を温めるロシア語女子の会】(男子の方もどうぞ)
2016年11月25日(金)
12:30  JR山陰本線花園駅改札口出たところに集合
12:30〜 堀江さん宅到着・お宅拝見
14:00〜 食事・堀江さんのお話しと懇談(出前を取っていただきます)
16:00〜 妙心寺拝観(時間があれば)
16:30頃 解散
会費3,000円
お申込や詳細は、旧交を温めるロシア語女子の会案内をご覧ください。
 

◆大阪大学の集い
◆大阪大学の集い(東京)
日時:2016年12月3日(土) 15:00〜(14:30 受付開始予定)
会場:学士会館(東京都千代田区神田)
【セレモニー・講演会】 15:00〜16:30
【懇親会】16:40〜18:30(会費3,000円を当日申し受けます)
詳細や参加申込については、
 [大阪大学ホームページのイベント情報(大阪大学の集い(東京))]をご覧ください。
 
◆大阪大学の集い(岡山) 【初開催!】
2016年8月20日(土)(終了)
岡山コンベンションセンター イベントホール(JR岡山駅西口直結)
【セレモニー・講演会】15:30〜16:45
【懇談会】      16:45〜18:30(会費3,000円)
 


巴里へ!与謝野晶子のシベリア鉄道
山之内重美(ヤーマチカ)
11月12日レストラン「キエフ」(京都)ディナーショー
詳細は山之内重美の巴里へ!与謝野晶子のシベリア鉄道をご覧ください。

ロシア文化センター神戸 開設セレモニー
開催日:2016年9月16日(金)12:30〜15:30
会 場:神戸クラブ 神戸市中央区北野町4-15-1
参加費 5000円
お問い合わせ: ロシア文化センター神戸 Phone:080-5364-9794 

第三回ソ連映画上映会&解説トーク
開催日2016年7月11日(月)
会 場:京都市左京区吉田本町 京都大学文学部校舎新館第二講義室
16:30〜18:00映画「群盗、第七章」上映
上映後、理解が深まる解説とトークがあります。(司会 楯岡求美、解説 伊藤順二 )
参加無料、予約不要
お問い合わせ: 中村唯史(京都大学文学部スラブ語学スラブ文学専修) nakamura.tadashi.6r(あ)kyoto-u.ac.jp ((あ)=@)
群盗、第七章
グルジアの歴史を寓話的に映画化した作品
現実と幻想、現在と過去が交錯する四つの時代を舞台に物語が展開する

国際シンポジウム「女たちの満洲とその後」
 
日時2016年7月9日(土)10:00〜17:00
会場:大阪府豊中市待兼山1-8 大阪大学大学院言語文化研究科2階会議室
 
第一部「ロシアから見た旧満洲ロシア系住民:文学・映画の中の表象」
第二部「国際対話:女たちの満洲:1945年を中心に」
 
懇親会場所:ミュージアム・カフェ「坂」
 
会費:シンポジウム:無料 懇親会:3,000円
 
参加のお申込や詳細についてはこちら(詳細案内)をご覧ください。
 

アヴローラの会 第21回総会と懇親会のご案内(終了しました)
大阪外国語大学ロシア語学科同窓会・大阪大学外国語学部ロシア語専攻同窓会
 
日時: 2016年 6月11日(土)
     12:00〜15:30(11:30 開場)
     (12:00 代表幹事挨拶・総会議事/12:20 講演&質疑応答/
      13:30 懇親会/15:00阪大豊中キャンパス見学ツアー)
場所:総会 大阪大学豊中キャンパス待兼山会館2F会議室
     大阪府豊中市待兼山町1−15 Tel 06-6850−6133
    懇親会 待兼山会館1F食堂LIBRE(リブレ)
    
会費: 4,000円(在校生は1,000円)
  在校生の参加希望者は、藤原、高島先生に現住所を申告してください。
  卒業生の参加希望者は、アヴローラ24号(5月8日発送)に同封の葉書に
  必要事項を記載の上で5月31日必着で返信してください。
 
講演 「『国際記者25年』〜エリツイン、プーチン、オバマを取材して」
  講師 高尾潤氏(昭和61年卒)(NHK報道局国際部長)

 
セルゲイ・デニセンコ展
「京都の蛙と大阪の蛙 〜 ロシア画家デニセンコの描くちょっとシュールな日本民話」
 
大の親日家であるロシア文学者+画家のセルゲイ・デニセンコさんが、日本の昔話「京都の蛙と大阪の蛙」を絵物語にしました。 日本人には思いつかない、ユニークな発想の絵です。
会場は片山ふえさん主宰のアートサロン「ムーザ」です。
詳しいお話や、開催日・所在地などについてはアートサロン「ムーザ」のページをご覧ください。

 
【カフェ・アヴローラ】アートサロン・ムーザにブルガリア.イコンを観に行こう
片山ふえさん主宰のアートサロン・ムーザで開かれているブルガリア.イコン展を見学します。
日時:4月30日(土) JR長尾駅改札口集合
費用:交通費は自己負担  入館料は不要の予定
アートサロン「ムーザ」については アートサロン「ムーザ」のページをご覧ください。

AVRORA24号発送作業
2000部近い印刷物と返信用ハガキ、アヴローラ資金援助金振り込み用紙などを封入し、郵便局に引き渡す業務を手作業(人海戦術)で行いたいと思います。 下記の通りの日付と場所にどうぞお誘い合わせの上お集まりください。
日時:5月8日(日) 13時〜 
会場:日本ユーラシア協会 ロシア語教室
    大阪市中央区谷町7丁目3−4−313
お手伝いくださる方は、左メニューの下に記載しているメールアドレスまでご連絡ください。
【パラジャーノフ特集】
2016年4月16日(土)〜4月29日(金)東京・新宿 K's cinema にて開催。
詳細はK's cinema ホームページをご覧ください。
 

生田美智子先生「悲劇の天才言語学者ネフスキー」講演のご案内(第24回ロシア研究会)】
 1915年にロシアから来日した、ニコライ・ネフスキーは1929年に帰国するまで、 柳田國男や折口信夫等の民俗学者、石濱純太郎、浅井恵倫等の言語学者と交流しながら、 民俗学・言語学の分野で輝かしい業績を残しました。
不運にも帰国後、1937年に無実のスパイ容疑をかけられて、 日本人のイソ夫人と共に処刑されました。 その後1957年には名誉回復されて、旧ソ連の最高の栄誉であるレーニン賞を受賞しています。
ネフスキーの自筆資料等を通して、彼の研究と波乱の生涯についてお話いただきます
 
日時:2016年4月23日(土)12時30分開宴
会費:6000円(コース料理・ドリンク・税サ込)
会場:ロシアレストラン キエフ
京都市東山区縄手通四条上ル鴨東ビル6階
電話 075(525)0860
世話人 加藤幹雄・智恵子・美知世
4月15日までにご出席の可否をお知らせ下さい。
 

「ロシア極東経済セミナー」のご案内(主催:ロシアNIS貿易会)】
ロシアを代表するエコノミスト2名から、
ウジラオストク自由港化などを含むロシア極東経済の現状や展望、
プーチン政権の新極東政策の行方等ロシア極東の最新経済状況について
講演があるそうです。
東京:2月24日詳細は「ロシア極東経済セミナーin東京」をご覧ください。
富山:2月25日詳細は「ロシア極東経済セミナーin富山」をご覧ください。
京都:2月26日詳細は「ロシア極東経済セミナーin京都」をご覧ください。

語劇上演のお知らせ(語劇祭)
上演演目:グリボエードフの「智慧の悲しみ」
日時:11月22日(日)12時00分〜13時00分
会場:箕面キャンパスA棟416
いよいよ11月に入り本番を意識して練習に取り組んでおります。
観にきてくださる方々を驚かせるような劇にしたいと思っています。
との メッセージが届きました。
また、今年度のロシア語劇のfacebookがあるので、そちらにも随時写真を載せていく予定とのことです。 アカウントはロシア語劇 阪大外語です。
Facebookにご自分のアカウントをお持ちの方はぜひご覧ください。
下の写真は練習光景です。

お時間のある方、観劇に行きましょう。
 

映画のご案内
裁かれるは善人のみ(2014年 ロシア映画)
公式ホームページ
 
放浪の画家 ピロスマニ(1969年 ジョージア(グルジア)映画)
公式ホームページ
 
日時:11月22日(日)12時00分〜13時00分
会場:箕面キャンパスA棟416
いよいよ11月に入り本番を意識して練習に取り組んでおります。
観にきてくださる方々を驚かせるような劇にしたいと思っています。
との メッセージが届きました。
また、今年度のロシア語劇のfacebookがあるので、そちらにも随時写真を載せていく予定とのことです。 アカウントはロシア語劇 阪大外語です。
Facebookにご自分のアカウントをお持ちの方はぜひご覧ください。
下の写真は練習光景です。

お時間のある方、観劇に行きましょう。
 
 

アヴローラの会 第20回総会と懇親会のご案内終了しました
大阪外国語大学ロシア語学科同窓会・大阪大学外国語学部ロシア語専攻同窓会
 
日時: 2015年 6月20日(土)
     11:30〜15:00(11:00 開場)
     (11:30 代表幹事挨拶・総会議事/11:50 支援留学生留学報告/
     12:40 総領事挨拶/12:50 懇親会)
場所: 在大阪ロシア連邦総領事館
      Генеральное консульство Российской Федерации в Осаке
     大阪府豊中市西緑ヶ丘1丁目2−2 Tel 06-6848−3451
      (ここをクリックすると地図が表示されます。)
会費: 3,000円(在校生は無料招待)
事前参加申込:必要
  大勢の皆様が参加くださり、ありがとうございました。
 
特別企画 アヴローラの会支援留学生の留学報告 &  モスクワ駐在員ロシア滞在記
  最初に、これまでにアヴローラの会が支援した留学生たちに留学中や帰国後の
  生活を語ってもらい、その後でロシアに長期滞在した方にお話していただき、
  短期・長期滞在、留学・仕事滞在と異なる視点からロシアをより一層理解します。
 
  総領事館付きロシア人コックの本格ロシア料理が楽しみ!!

咲耶会東京支部・5月例会終了しました
日時:5月11日(月)午後1時〜午後3時
講師:山口慶四郎先生(ロシア語・1944年卒)大阪外国語大学名誉教授
演題:「一元海軍情報士官がその戦争体験を語る  
    〜日本はなぜ戦争終結を早められなかったのか〜」
要旨:1941年夏(開戦前夜)に英語、ロシア語の3年の一部学生が海軍に
   徴用されたことは同窓でも余り知られていません。
   冒頭そんなことにも触れます。
   最初に陳舜臣さんの思い出を語ります。
会費:2,000円(飲み物付き、食事なし)
会場:千代田区神保町 学士会館302号室(TEL03−3292‐5936)